遭遇的ウェブといえば、独身の男女が利用するものだと一般的には思われがちです。しかし、実際利用者の中には既婚方も数多く存在します。妻子のある既婚ダディーやダディを持つ人妻が何故、最新遭遇を求めて遭遇的ウェブによるのでしょうか?
遭遇的ウェブの中には、既婚方向けの「アバンチュールウェブ」があります。「将来は一度だけ。アバンチュールをください」のキャッチフレーズでバレる、全世界で何千万人という人様が利用する、とある既婚方仕様遭遇的ウェブの一員概要が流出することが起きました。それによると、一員の9割がダディーだったそうです。ウェブのオーナーは、妻一員は全体の3割以上存在すると主張していますが、それでもアバンチュールを望んでイベントを求めているのは多くが男性だといえるでしょう。
既婚男性が遭遇的ウェブによるのは、様々な考えがあります。
平凡な四六時中が続いて勤務も家庭も今一ウンザリだと感じていて、ウェブで出会った妻と食品に出掛けるため求めていた外圧を得られて満足する仲間なら、まだましな方でしょう。
しかし、遭遇的ウェブによる多くの既婚男性は、それだけでは終わりません。好みの仲間の妻を見つけてメールして、デートの公約を取り付け、家で帰りを待つ女性を裏切って手出しを通して、何食わぬ顔つきで朝帰りをします。
結婚しても尚、マッチ足りないというわけです。自分の先方にとらわれたくない結果、機会さえあれば妻と不倫してしまう。
中には女性がおめでたしたことがきっかけで、欲情対応の為だけにウェブを通じて己の理想を満たす既婚ダディーもある。女房にとっては、これ以上に無い裏切りですね。
かといって、女性と離婚するのかというとそうでもありません。連中にとっては所詮、アバンチュールはマッチに過ぎないからです。不倫を知った女性に捨てられて、とうとう後悔します。何気ない普段に外圧を求めて始めた遭遇的ウェブ、それが当たり前だと思っていた日常生活の全てを失うきっかけになるのです。ここもよさそうです